• ご登録はこちら
  • ご宿泊はこちら

石川県知事 谷本正憲

石川県知事

谷本正憲

公益社団法人金沢青年会議所は、昭和27年の設立以来、青年経済人による社会活動の先駆けとして、半世紀以上の長きにわたり、常に時代に即した活動に取り組まれ、地域の発展に貢献してこられました。

とりわけ、金沢の伝統文化・食・町並みといった豊かな魅力を広く発信する「KANAZAWAかなざわ TORYOEとうりょうえ」や、金沢の歴史・文化等の学習・体験を通して外国人留学生と日本人学生の相互理解を育む「かなざわ国際みらい塾」など、独自のまちづくり・ひとづくりに関する取り組みを推進されており、これまでの先駆的な活動に深く敬意を表するものであります。

我々石川県民の長年の悲願である3月14日の北陸新幹線金沢開業まで、まさに秒読み段階であります。新幹線開業は、他の地域にはない石川の優位性であり、この千載一遇の好機を活かし、しっかりと石川の活性化と賑わいの創出につなげていかなければなりません。

こうした中、今年11月には、貴青年会議所の熱心な誘致活動が実を結び、国際青年会議所世界会議が金沢において開催されることとなりました。本大会には、世界各国から約1万人の方々が参加されるとお聞きしており、本県の魅力を広く国内外に発信する絶好の機会になると考えております。

皆様には是非とも一致団結し、本大会の成功を収められるとともに、県都金沢、そして石川の魅力をしっかりと発信していただき、心を尽くしたおもてなしで石川ファンの拡大にご尽力いただくことを大いに期待しております。

折しも地方創生が大きなテーマとなる中、新幹線開業効果を一過性のものとせず、持続・発展させていくためには、その地域ならではの資源や財産を掘り起こし、磨きをかけ、新たな価値を創造して発信していくことが必要であり、皆様方の若さと情熱をもって積極果敢にチャレンジする姿勢が、ますます重要になってまいります。

会員の皆様には、「青年としての英知と勇気と情熱をもって、明るい豊かな社会を築き上げよう」との理念のもと、その若いエネルギーを存分に発揮し、北陸新幹線金沢開業を追い風として、更なる飛躍を遂げられますことを心からご期待申し上げます。