• ご登録はこちら
  • ご宿泊はこちら

What's JCI 国際青年会議所って何?

1 What's JCI

JCI(国際青年会議所)って何?

JCI(Junior Chambar International:国際青年会議所)は、自由な社会と経済発展を実現し、新しい社会をリードするにふさわしい人材育成を目的として、1915年にアメリカ・ミズーリ州セントルイスに生まれた小さな青年活動グループから始まったJC運動は、その活動が認められ,アメリカの社会的活動を担う主要な青年団体へと発展していきました。

1944年には「積極的な変革を創り出すのに必要な指導者としての力量、社会的責任、友情を培う機会を若い人々に提供することにより、地球社会の進歩発展に資すること」を使命に、アメリカ、コスタリカ、エルサルバドル、グァテマラ、ホンジュラス、メキシコ、ニカラグア、パナマの8カ国によって国際青年会議所(JCI)が発足。その後、年々加盟国は増え、日本も1951年に加盟、JCIの一員として新たな活動の一歩を踏み出しました。

会員数16万人以上の世界で最も大きな青年団体です。現役メンバーに加え約250万人以上ものOBがいます。
毎年11月には世界会議が開催され、世界中のメンバーが一堂に会する重要な国際交流の場となっています。

Misson、Vision

JCI's misson shall be
"To provide development opportunities that empower young people to create positive change."
JCIのミッションは、
「よりよい変化をもたらす力を若者に与えるための、発展・成長の機会を提供すること」

JCI's Vision shall be
"To be the leading global network of young active citizens,"
JCIのビジョンは、「若き能動的市民のトップ・グローバル・ネットワークになること」

JCI最重点テーマ(MET)

世界中のJCが共通課題として取り組むテーマ(コーポレートスローガン)

1978~79 「Opportunity for Children(子供達に明るい未来を)」
1980~82 「Energies-Our Concerm(エネルギー、われわれの関心事)」
1983~85 「World Peace through North/South Cooperation (南北協調を通じての世界平和)」
1986~91 「Jaycees-Leadership for World Peace(JC-世界平和へのリーダーシップ)」
1992~96 「The Age of Global Citizenship(地球市民の時代)」
1997~01 「Bridge to the New Millennium(新理想世紀への架け橋)」
2001~06 「Entrepreneurs in Action(行動する社会企業家たち)」
2007~   「Be Better」

2 活躍するJCマン

いつもつけているJCバッジ。よく見てみると「JCIマーク」の中の地球のシンボル、国連のマークにそっくりですよね。
かつて国連が自らの拠点となるビルを探していたとき、ニューヨークの現在の国連ビルの場所を提供した「JCマン」がいました。その名は「ロックフェラー」。
以来「JCIマーク」には国連の象徴ともいえる地球のシンボルマークが使われるようになりました。

JCIは国連関係機関以外の世界的NGOで唯一、国連ロゴの使用を許可されている組織です。JCIは国連の認定したNGOでもあり、国連が進める重点活動項目に協調しながら、世界中で運動を展開しています。

こんな方々もJCI出身です!

チャールズ・リンドバーグ アメリカ合衆国、飛行家
ジョン・F・ケネディ アメリカ合衆国、第35代大統領
ビル・クリントン アメリカ合衆国、第42代大統領
ジャック・ルネ・シラク フランス、元大統領
アル・ゴア アメリカ合衆国、元副大統領、環境問題研究家
コフィー・アナン ガーナ共和国、元国際連合事務総長
ビル・ゲイツ アメリカ合衆国、マイクロソフト創業者
麻生太郎 飯塚JC、元会頭、第92代総理大臣
小泉純一郎 横須賀JC、第87-89代総理大臣
中曽根康弘 高崎JC、第71-73代総理大臣
鳩山由紀夫 苫小牧JC、衆議院議員

上記の他には
アルベール2世(モナコ大公)や、アメリカの歴代大統領(第40代レーガン氏、第37代ニクソン氏、第38代フォード氏)、千玄室氏(裏千家家元)や、日本の歴代総理大臣(第84代小渕恵三氏、第85-86代森喜朗氏、第90代安倍晋三氏)、鴻池祥肇元国務大臣、塩川正十朗元官房長官などがいらっしゃいます。

3 百年の歴史

1910年

アメリカのミズリー州、セントルイス市の若き銀行員、ヘンリー・ギッセンバイヤー氏(Henry Giessenbier Jr.)が「青年の活動」に心を燃やして、メンバー間の懇親と若者の社会的地位の向上を目的とした青年クラブ「Herculaneum Dance Club」を創立。(当初は伝統的ダンスを守り継ごうという趣旨だったが、市民活動へ深くかかわっていくことになる)

1915年

セントルイス市の32名の若者によって、「コミュニティとは社会問題に青年が関係し、青年がそれらを巻き込んでいく」という主旨の下、「進歩的青年市協会(Young Men's Progressive Civic Association=YMPCA)」を組織、半年後にメンバー数は750名を超えた。1916年に「Junior Citizens(JC)」、1918年には「青年商工会議所(Junior Chamber of Commerce)」へ展開した。

1920年

第一次世界大戦後、米国内に存在する同様の団体へ呼びかけて「アメリカ青年商工会議所」を設立、ギッセンバイヤー氏が初代会頭に就任(当時28歳)。1923年にはカナダ、1928年にはイギリスと、国際的にも広がりをみせた。

1944年

アメリカを含む中南米8ヶ国がメキシコシティに集い、国際青年商工会議所が発足。1946年第一回世界会議パナマ大会(16ヶ国44名参加)で、現在のJCI(国際青年会議所)という名称が承認される。

1951年

日本では、戦後の日本の復興と再建を趣旨として、1949年に東京JCが、翌1950年には大阪JCが創立、1951年2月には10LOM:506名をもって日本JCが創立され、その年の5月、JCIに加盟。当時のJCI会頭モラン・デル・ロザリオ氏の「JCには国境も民族もない。それは全世界の青年のものである。その誇りにおいて、われわれは今ここに、かつての敵国日本のJC代表団を、心からなる歓迎をもって迎えようをする。」という演説と共に、日本国の国連加盟よりも早く国際社会に復帰。

1970年代

政治的・経済的困難を抱えている国の支援のため、1974年にAPDCの前身「ADC」発足。

1980年代

世界各地のリーダーを育成し、相互理解を深め、世界平和に貢献するため、1987年「国際アカデミー」が日本JC主催でスタート。

1990年代

世界民族、環境、人口問題等に対処すべく日本JCが掲げた「地球市民の時代」がJCI最重点テーマに採用される。

2000年代

より地球市民社会への貢献を高めるために、2002年国連広報局(UNDPI)の提携NGOとして国連との関係を深め、翌年からミレニアム開発目標(MDGs)に関わる。

現在では、132ヶ所の国及び地域に119 NOM(国家青年会議所)が存在し4,751の各地青年会議所(LOM)が加盟、全会員数は約165,000名となっている。
そして、2015年。ギッセンバイヤーという一人の青年が、夢を現実に変えるために最初の一歩を踏み出し、1915年10月13日から始まったJCI運動がちょうど100年となります。

4 JCIの活動

JCIは、常に世界的なJayceeのネットワークの構築と、その更なる拡充へ取り組んでいます。世界のNOMは4つの地域別エリアに分けられていて、その全てのエリアに、新設・小規模NOMの組織強化・会員拡大を支援し、また新規NOMの開発支援・拡充を図ることを目的とする開発協議会が存在します。会員数の不安定なアフリカ・中東地域でAMDEC(アフリカ中東開発協議会)が、JC発祥の地アメリカ地域ではADC(アメリカ開発協議会)が、EDC(ヨーロッパ開発協議会)は東欧諸国の新規NOM設立などで、それぞれ貢献しています。世界には、いまだ政治的・経済的困難を抱えている国があり、その中には、我われと同じ志をもって明るい豊かな社会を創ろうと活動している青年たちがたくさんいます。それらの青年たちと連携して英知を互いにわかちあい開発を支援することで、JCIの包括的な成長・発展にも寄与することができるのです。なかでもアジア・太平洋地域は、各エリアの人口比率からいっても、JC会員数拡大の可能性の高い地域となっており、先進NOMによる支援が必要とされています。

4.1 APDC
APDC(Asia Pacific Development Council:アジア太平洋開発協議会)

1973年の発足以来、JC運動を促進し導入することができる地域の開発や、それに付随する問題点を明らかにするなど、今後のJaycee-ismにとって必要とされる事業などを実施しています。APDC常設事務局は日本JC事務局内に置かれ、最近数年間は慣例として事務総長と財政顧問を日本JCから輩出しています。

4.2 シスターJC
シスターJC(姉妹JC、Twinning JC)とは

JCIに加盟している二つ以上のLOM相互間の姉妹関係。JCI信条に則り、経済・文化等に関する国際交流を行うことで、会員相互の理解と友好を深め、国際感覚を磨きます。そして地域社会における産業文化・教育の発展などに対して広い視野に立った貢献につながっています。全国のLOMベースでできる国際交流事業の積み重ねで、国際親睦と民間外交を促進しています。

4.3 ASPAC・エリア会議
ASPAC・エリア会議

JCIは、世界のそれぞれの地域を4つのエリアに分け、円滑な活動と情報共有が出来るように組織されています。エリア会議は、毎年エリアごとに開催地を変えて行われます。
アジア・太平洋地域は、日本JCを含めたアジア・オセアニア地域のNOMにより構成されています。そのエリアの会議をアスパック(ASPAC:Asia Pacific Conference)といい、各国会頭が参加して重要事項を決議したり、JCIのテーマの推進、JC運動に関する各種セミナーやアワードセレモニーなどのプログラム及び会議が行われます。ジャパンナイトをはじめとする各国ナイトが開催され、姉妹JCをはじめ各国JCとの交流を行うなど、同じ志を持ったアジアの仲間たちとの友好関係や協調関係を築きあげるための機会となっています。

4.4 国連ミレニアム開発目標(MDGs)
国連ミレニアム開発目標(MDGs)

MDGsは、国連ミレニアム開発目標(Millennium Development Goals)の略称です。 2000年9月、国連ミレニアムサミットに集まった147の国家元首を含む189の加盟国は、全会一致で「ミレニアム宣言」を採択しました。 宣言の中では、21世紀を迎えるにあたり、「平和で繁栄した公正な世界を作り出すこと」「貧困をなくすこと」などを目指し、国際社会が一致団結して取り組むことを表明しています。 この国連ミレニアム宣言と1990年代に開催された主要な国際会議やサミットで採択された国際開発目標を統合し、ひとつの共通の枠組みとしてまとめたものが、MDGsです。

JCIは2003年、JCI-UNリーダーシップサミットにおいて国連ミレニアム開発目標(UN MDGs)を推進し、国連の努力に貢献することを表明しています。本年2015年は目標達成年度に当たります。UN MDGsは下記の8つの目標です。

1. 極度の貧困と飢餓の撲滅
2. 普遍的初等教育の達成
3. ジェンダーの平等の推進と女性の地位向上
4. 幼児死亡率の削減
5. 妊産婦の健康の改善
6. HIV/エイズ、マラリアその他疾病の蔓延防止
7. 環境の持続可能性の確保
8. 開発のためのグローバル・パートナーシップの推進

JCIは、Nothing But Nets としてアフリカ地域へマラリア蚊対策の蚊帳を提供したり、他にも国連グローバル・コンパクトやCSR(企業の社会的責任)などに積極的に取り組んでいます。

5 JCIアワード(JCI Awards)とは

JCIアワード(JCI Awards)とは

エリア会議と世界会議において、地域開発や会員拡大などカテゴリーごとに各国よりエントリーされた優秀な事業等に贈られる褒賞のことです。
単年度制のJCの事業だからこそ、活動(運動/事業)を終えて完結ということではなく次代に引き継ぐカタチとして残し評価することで、英知をわかちあいモチベーションを高めます。アワード申請の真の目的は、素晴らしい事業、他の範になる事業、新しい事業などを、他のLOMに知らせる絶好の機会となります。他のLOMがどんな活動をしているかを知ることで、将来の事業展開等(運動の拡がり)に、お互いに影響を与え合うことになるのです。

6 JCIとレーニング(JIC Training)でどんなことが学べるの?

JCIとレーニング(JIC Training )でどんなことが学べるの?

JCIの最も優れた産物は「人財」であると言われています。地域、社会、世界に貢献するために、JCIではメンバーによる個人開発や成長のための機会を提供し、様々な研修プログラムを改善、進化させています。名称もトレーニング・インスティテュート(TIP)、ユニバーシティ、そしてJCIトレーニングへと変更されています。JCIは、コースの教材開発から、許可、会員トレーナーのネットワーク構築など、自己向上を求めるJC会員すべてに、質の高いトレーニングを提供しています。

JCI公式コース
JCI Achieve

JCI Achieveは、LOMの意義や目的を、事例研究やディスカッションにより理解するコースです。全世界のJCが取り組む「JCIミッション」をLOMの活動に効果的に採り入れるために、地域特性を理解し、その価値を認識し、積極的な市民である新メンバーが求める機会を創造することにより、より良い変化をもたらせるような魅力的な組織を構築する方法を学びます。

JCI Admin

JCI Adminは、新しくLOMの理事構成メンバーやリーダーを目指す方のためのLOMマネジメントコースです。コースは、LOMの理事会の構成、様々な問題の解決法、会議の進行、LOM計画作りについて取り扱うとともに、JCIミッションを達成するために必要なバランスの取れたプログラムの重要性を取り扱っています。

JCI Impact

JCI Impactは、行動する市民として、地域社会に積極的に貢献できるJCIメンバーのために向けられたコースです。コースは積極的な社会参加の概念について議論します。コミュニティー・ニーズの分析、実際に起こった問題原因の検証などを用いて事業構築の手法を学びます。またLOMが地域社会の有益な変化を興すために他のパートナーと協働できる事業について議論します。

JCI推奨コース
Networkimg

「ネットワーキング」は、人と人とのつながりを永続的にするため、信頼を築き、実り多い関係とするコースです。ネットワークの本質や原動力を認識したうえで、出会いの機会に遭遇したとき、「何をしたら良いか?」「何を話したら良いか?」また、価値ある関係を続けるために、後日どのようなフォローアップが必要なのかを、普段のJC活動を例にあげ実践を繰り返すことにより学びます。

OMOIYARI

2005年より日本JCの発信のプログラムとして開発され、世界各地でのエリア会議にて開催されました。このプログラムを通して「OMOIYARI」を世界中に伝播することで、世界平和の実現を目指します。OMOIYARI精神を持つより良いリーダーは、自身に対して、ビジネスに対して、地域に対して、LOM(Chapter)に対して、国に対して、そして世界に対して積極的な変化を創造することができます。

Presenter

「Presenter」コースは、プレゼンテーションスキル向上のための1日コースです。2008年1月よりJCメンバーの実践力強化のために実施されております。本コースは、相手に伝わるプレゼンに必要な事は何かを学び、実際にプレゼンを行うことによって習得していく実践型コースです。JC活動の中で、仕事で、その他の様々な場面で、自分の考えや思いを人に伝え、説得し、動機づけを行うJCメンバーにとって、今やプレゼンテーション能力は必須のスキルともいえます。

Social Responsibility(SR)

「SR」は、企業の社会的責任に関する理解を深め、自分自身の行動の影響を認識し、実践する力を身に着けます。JCIメンバーとして、行動する市民として、また自らが企業人として「人」「地球」「利益:報酬」という3つの観点より、「何ができるのか?」「何をすればいいのか?」などを具体的に、体験を通じながら学び、セミナー修了時には参加者がSR(市民の責任)を理解することができます。SRは環境問題での個人の役割を理解し、企業の社会的責任についても学びます。そして地域社会や、自身の個人的環境、会社や仕事においても効果があります。

7 国際アカデミー(JCI Academy)ってなに?

国際アカデミー(JCI Academy)ってなに?

1987年アムステルダム大会でJCI公認プログラムとなった、グローバルリーダー育成トレーニングプログラム。3758人(2015年4月現在)ものグローバルネットワーカー(プログラム修了者)を輩出してきました。
下記の4つを目的として、日本JC主催で毎年1回開催されています。

①世界各地から集まるメンバー同士、並びに日本JCのメンバーとの相互理解を深める
②トレーニングの機会を与え明日のグローバルリーダーを育てる
③JCIをより良くし、全体的な発展に寄与する
④恒久的な世界平和の確立に貢献する

海外からの参加者(デリゲイツ)は、各NOMの代表(会頭候補者など)として日本に一同に集まり、一緒にトレーニングを受けることで深い人的ネットワークを構築してきました。また、日本JCの活動の理解促進、日本文化に触れる機会となっています。価値観の違う者同士が寝食を共にしながら自らを高める機会は、日本からのデリゲイツにとっても意義深いものとなっています。

8 JCIセネター(JCI Senator)ってなに?

JCIセネター(JCI Senator)ってなに?

JC運動に多大なる貢献をしたメンバー(JC在籍年数が3年以上の現役・OB・物故会員)に与えられる終身名誉会員資格。JC精神を世界中に広めると同時に、元会員が終生JCとの関係を保つことを目的に、1952年に釈択された褒賞制度です。JCI直前会頭がJCIセネターの議長となります。
LOMが承認・推薦し、NOMの承認を経てJCIに承認されるセネター資格(終身会員番号)は、日本JCで4,956名、世界では72,946名(共に2015年4月現在)に授与されています。
セネター会員は世界会議セネター晩餐会の華やかな場で名誉を受け、新旧の知人と親交を深めることが出来ます。セネター基金は、アフリカなど発展途上国でのJC拡大に大きな役目を果たしています。また、日本におけるセネター資格取得者によりセネターズクラブが組織されています。

JCI基金(JCI Foundation)って?

1955年にJCIの非営利組織(NPO)として設立以来、JCIのプログラム及び活動を財政的に援助してきました。財政的支援の対象となるのは、各NOMやエリアのJC運動の発展・拡大を目的としたプログラムです。JCI常任理事会で申請の審議が行われます。この基金を通してJCIは世界中のコミュニティを援助し、明日の指導者を育成しています。JCI基金は寄付された元金は残し、そこから生じる利子のみをJCIプログラムの為に使用しています。そしてその創立以来世界中80の国々より1,700名以上の会員がJCI基金に寄付し800万USドルをはるかに上回る基金が集まっています。基金に寄与することは、JCIのプログラムを自発的に支援し、世界をより良くする運動に一役を果たすことになります。また、JCが与えてくれた様々な機会に対して報いる機会にもなっています。
基金を寄与された方には、世界会議・ASPACの総会壇上にて、木製の楯や特製のピンが授与されます。また、JCI基金ニュースレターが配布され、JCI本部に掲示されるパトロン名簿に加えられたりします。

JCI基金の種類

JCI基金は

●デビット・チェア・ウンスー・パトロン(20,000USドル寄与者)
●ヘンリー・ギッセンバイヤー・パトロン(10,000USドル寄与者)
●フィル・パグスレー・パトロン(1,000USドル寄与者)

に分かれています。
寄付金額は徐々に積み上げていくこともできます。パトロンになられた方には、ピンと楯が贈呈されます。また、JCI基金は、個人のみならずLOM単位でのご寄付もできます。